クラミジアはすぐに病院に診察してもらうことが大切 | 新宿駅前クリニックの泌尿器科 口コミ・評判広場

HOME » クラミジア » クラミジアはすぐに病院に診察してもらうことが大切

クラミジアはすぐに病院に診察してもらうことが大切

けんじさん 男性 20代

私は、普段から多くの女性との関係を持っていました。
ある時、尿道に痒みを感じ、排尿の際に痛みを感じることが増えてきました。
最初は気のせいだろうと思い放置していましたが、症状が段々とひどくなってきたため、どこかの病院に行こうかと考え始めました。
避妊具を付けずに性交渉をすることも多々ありましたので、何かしらの性病に感染したのではないかと疑いました。
主に、尿道への違和感がアリましたので、近所にある泌尿器科へ受診に行くことにしました。

泌尿器科では、クラミジア性尿道炎と診断されました。抗生物質の一種の薬品である、ジスロマックを処方されました。
保険適用で経済的な負担はそこまで大きくはなかったです。
服用後、3週間程度経った後、完治したかどうかを確認するため再検査をしました。
再検査の結果、クラミジア菌は死滅しており治療は終了となりました。この時に、クラミジア菌が残っていた場合は他の抗生物質による治療が継続するようです。
クラミジアを服用後、再検査までの間は性交渉は禁止されました。性病を疑うような症状が出た際には、すぐに病院に診察してもらうことが大切だと思います。
特に普段から多数の女性と性交渉を行い、性器に痒みや痛み等の違和感が出た際には性病の可能性が高いです。

khyoou76さん 男性 20代

ある朝起きると、男性器の痒みが出現してきました。
また、排尿の際にちょっとだけ排尿時痛を感じました。
しかし、どちらの症状も軽かったので、医療機関を受診せずに経過を見ることにしました。
しかし、2日後に排尿をすると尿道からさらさらした膿のようなものが出てきました。
また、体調不良の彼女から咽頭クラミジア感染症にかかったことを伝えられたので、クラミジア感染症の可能性が高いと思い、近くの泌尿器科のある病院を受診しました。

近くにある泌尿器科の病院を受診しました。とても空いていてスムーズに診察まで行くことができました。
診察室で泌尿器科の先生に症状や発現時期、彼女との性交渉について説明しました。
泌尿器科の先生からクラミジア感染症の可能性が非常に高いという事で内服薬の抗生物質による治療を開始しましょうと伝えらえました。
先生から毎日飲む薬と1回飲むだけで良いお薬のどちらが良いか尋ねられ、1回だけ服用する内服薬を選択しました。
ジスロマック錠というお薬が処方されました、服用してからすぐに痒みや排尿時痛、尿道からの膿などの症状はなくなりました。
薬を飲むのも1回だけで良かったので、治療自体の負担が少なくてとても助かりました。先生も優しくてとても良い先生でした。

クラミジア | 07月24日更新