尿道炎「尿検査をしてそれで淋病だという事が分かりました。」 | 新宿駅前クリニックなどの泌尿器科 口コミ・評判広場

HOME » 尿道炎 » 尿道炎「尿検査をしてそれで淋病だという事が分かりました。」

尿道炎「尿検査をしてそれで淋病だという事が分かりました。」

はるまさん 30代 男性
★★★★

私が診察を受けようと思ったのは排尿時に痛みを感じるようになってこれは普通ではないと思ったとういうのがありました。

最初は気のせいだと思っていたのですが、排尿の度に痛みを感じるのでこれは何か病気になったのではないかと思って放置できないと思って

診察を受けました。

これが単発の痛みだったらそこまで深刻に考えなかったと思いますが排尿の度に痛みを感じたのでこれは病院に行くしかないと思いました。

そうしないと治らないと思いました。

では、実際に病院に行ってどうだったかというと尿道炎になっているという風に言われました。

まず尿検査をしてそれで淋病だという事が分かりました。

最初は男性が尿道炎になるとは思ってなかったのでなんで

尿道炎になったのか少し戸惑ったのですが男性でも尿道炎になる人がいるという事を聞いて納得しました。

ただ、最初は自分の中で男性は尿道炎になるようなイメージもなく治療法もどうなるか不安だった事もあって

かなり戸惑いました。

ですが、いざ治療が始まると内服薬を処方された簡単な治療で済んだので良かったです。

もっと大事になるかと思っていたので思った以上に簡単な治療でそこは良かったと思いました。

適切な治療を早めにしたおかげで簡単な治療で済んで良かったです。

こさめさん 30代 男性
★★★★★

はっきりした時期と相手は特定できませんが風俗店で働いていた女性と知り合い、性交渉をしたのちに発症したように思います。

数日したあと、朝排尿しようとしたら尿が上がってくると激痛が走りました。

ツーンとした痛みがずっと続き、痛みがありながらも少しずつ排尿しました。

排尿した後も1時間ほど痛みが残りましたが、そのあとは痛みもなくなりました。

そのあとも、排尿のたび痛みがでて最後は排尿自体することが苦痛になり受診しました。

この間3日間ほどでした。

泌尿器科にかかったことがなかったので、大きな病院にかかりました。

診察際、まずは尿の検査があるので排尿しなければいけませんでした。

しかし中々排尿することができなかったので診察台の上で仰向けになり膝を立てた状態でおしりの中に指を入れられ、前立腺?を刺激され強制的に尿意をもよおされ出すことになりました。

痛かったですが、それは我慢しかありませんでした。

尿検査の結果クラミジアということでした。

尿道の先からは膿がでていることも確認できなかったのですが、先が少し赤く腫れていました。

症状的には軽かったのかわかりませんが痛みはかなりありました。

抗生物質は2週間ほど処方された気がします。

はっきりとは覚えていませんが、数日後には痛みはなくなったように思いますが薬は最後まで飲み続けました。

尿道炎 | 08月20日更新